理想の顔の形にするためのフェイスリフト|フェイスケア

婦人

皮膚に色を入れてメイクに

ドクター

アートメイクは皮膚の薄い層を染色してメイクの代わりにする美容方法です。水で落ちなく、メイクの手間が省けるので、スポーツやプールなどの場面で有効です。大阪の美容外科でも多くの人が行っている方法の一つです。

詳細

皮膚科で美しくなる

ナース

美容皮膚科を行っている医療機関は神戸に沢山あります。そのような審美性を追求する医療機関では、健康な肌を作るための「治療」をした上で美しい肌が実現出来るように、様々な機械や薬剤が効果的に用いられています。

詳細

たるみを解消する整形手術

顔

たるんだ皮膚がなくなる

フェイスリフト手術は皮膚のたるみに対して効果がある美容外科の美容整形です。皮膚は年を重ねるごとにどんどんたるんで下に下がってきます。そしてしわになって残ったり、ほうれい線が目立ってきたりします。フェイスリフトでは、しわやほうれい線がなくなるように、余った皮膚をカットします。切るのは耳の前や後ろ、こめかみの髪の毛の生え際など、目立たない部分です。切開したあとに縫合をして皮膚が癒着すれば、傷はほとんど分からなくなります。フェイスリフトは全身麻酔下で行う本格的な外科手術です。しかも顔にメスを入れるので、ちょっとの失敗も許されないとてもリスクが大きい手術になります。必ず腕が確かな医師に任せることが大切です。

切開範囲が少ない手術

外科手術で皮膚をリフトアップするフェイスリフトですが、切る範囲を工夫すれば最小限のリスクで済みます。簡単なフェイスリフトにミニリフトやポニーテールリフトがあります。フェイスリフトが全面に効果があるのに対し、ミニリフトやポニーテールリフトは一部分だけに効果があります。目尻のしわだけリフトアップしたいならフェイスリフトよりポニーテールリフトがお勧めです。長い髪の毛をポニーテールにまとめたときのように、目尻がピンとリフトアップします。ミニリフトも目尻のしわやこめかみのたるみを部分的に改善したいときに役立ちます。どちらもフェイスリフトより切開する範囲が少なく済むので、体への負担やダウンタイムを抑えることが出来ます。

身体のラインの表現

レディ

アートメイクの技術は進歩し皮膚に負担の少ない施術を受ける事が出来るようになりました。また、大阪の美容外科では眉だけではなく、アイラインや唇などアートメイクの技術により身体各部の理想のラインをつくり出してもらう事ができます。

詳細